三日月、笑って

婚外恋愛、今、思うこと。

シャットダウン

ある日のお昼過ぎに届いたメール。


♠️:迷惑をかけることになりそうだから、連絡先を削除させてもらうよ。大変申し訳ないけど。申し訳ない。



さて、どういう意味か。



それからすぐに私の連絡先は削除されたようでそれ以降連絡がない。


何が起こったのかも、

これからのことも何も書いてなかった。


他の連絡ツールはあるけれど、

何が起きたのか分からないので

私にはどうすることも出来ない。


突然の出来事。

またひとり、取り残されちゃった。


申し訳ないを重ねたりゅーさんの真意は。


連絡先を削除することが?

連絡とれなくなることが?

終わりにすることが?


なーーーんにも分からないよ。


こんな時でも安定の言葉足らず。


私、りゅーさんのことなーーーんにも知らないんだなぁ。




思い出だけでこれからを生きていく覚悟が

まだ私には出来ない。



もうすぐ資格試験もある。

今は勉強しなくちゃ。

裏の裏はおもて。

夏の終わりの逢瀬から1ヶ月も経たないある日。

珍しくりゅーさんから朝メールが来た。

おそらくりゅーさんはお休みの日。

そして内容は前日に交わしたこととほぼ同じ。


今日は休みだよ、とも

時間ある?とも書かれてないけど

もしかしたら遠回しなお誘いなのかな。


でもあいにくその日は私の都合がどうしてもつけられない。

お誘いされてもないから


♦️:今日は○○の研修受けにきてるんだ♪


♠️:頑張ってね!


と、その日は終わった。



寒くなるまで会えないと思っていた私。

でも、もしかしたらタイミングさえ合えばその前に会えるのかな。



その一週間後。

またもや私たちにしたら珍しくラリーをしていた。


内容は、私が乾燥機の中の洗濯物がくるくる回っているのを見るのが好きという

またもや訳の分からない好みの話を

りゅーさんは


♠️:えー、ようわからんのー


と言いながら聞いてくれる。


思いきって聞いてみた。


♦️:○○の日は何してるの?


♠️:○○の日は何日かな?


♦️:△日の□曜日だよ。



それから返事はなかった。

△日当日も、ほんの少しの期待をしたけど

結局私のスマホは静かなままだった。



会えないなら会えないでいい。

でもね、返事は欲しかったな。

久し振りにズドーーンって落ちるとこまで落ちた。

私の気持ちをメールにして送ったところで

何も解決しないのは分かりきってる。

それでも、またあっけらかんと

おはよ☀️

ってメールする気になれなかった。

いつもなら自爆メールか、

ここに思いの丈を綴るのだけど、

それさえもする気になれなかった。


なんとなく、無。


自分でも気付かぬうちに冷めてきてる?

そんな風にさえも思えてきた。


それでも、このモヤモヤした気持ちがなんなのか知りたくて

思いきって

「王さまの耳はロバの耳ー!!!」

って叫んでみた。


反響して返ってきたのは


「淋しかった、悲しかった、私だって傷つく。」


という気持ち。


多分、これからもこの関係性は変わらないだろう。

自分の為に、相手に変わって欲しいっていうのは傲慢なのかもしれない。

相手にそれを望むより、

これから私はどうしたいのか。

変われるのは自分だけ。


どれだけ考えても相手の気持ちが分からないのであれば

善意として受け取っておこう。

なるべくは。


なんだかスッキリした。

雨続きで気付かなかったけど、キンモクセイがいい匂い。

よし、りゅーさんにメールだ!


いつもと変わらない内容に、キンモクセイの写真。

実に一週間振りのメール。


翌朝、りゅーさんからもキンモクセイの写真つきのメールが来た。

写真が送られてくるなんて一体いつぶりかな。


♠️:家の近所も咲いてたよ。

せっかく出掛けられる日にこの天気は残念だよね。



出掛けられる?

また意味深なワードをぶっ込んでくるな。。

でも私はまたもや出られずな日。

細々とラリーをしながら夕方に


♦️:もしかしたら今日はフリーだったのかな、って自惚れたことを考えてたよ。

りゅーさんのみぞ知るってことにしておくね(’-’*)♪


と送ってみる。

こういう問いかけはスルーが基本なので

返ってこなくてもいいように、

ちくん、は最低限で済むように。


♠️:まあそうだね。こればかりはいたしかたなし。こんな天候に人は勝てないよ。


♦️:そっか。教えてくれてありがと。

お天気め!笑

でもね、会えなかったけど、すごーくすごーく嬉しい!ありがと😸


♠️:今日はゆっくり早めに休んでね。



ダメだ。

今度は嬉しくて嬉しくて叫びたい。


なんでこんなまどろっこしいやりとりを毎回してるのか。


そして、

実はきっとりゅーさんは分かりやすい。



やっと、

分かったよ。

1.5/2400

りゅーさんのタイムリミットは1時間半。


申し訳なさそうに笑うりゅーさん。

前なら90分の為に会おうとはしなかったはず。

もっとゆっくり出来る時に会おうって

そう言っていたに違いない。


それでも会いに来てくれた。

会いたいって思っていたのは

きっと私だけじゃなかったんだね。


お部屋に着いてビールで乾杯。

ひとしきりこの夏の出来事を話す。

それをりゅーさんはうんうんって笑いながら聞いてくれる。


イメージカラーの話から

私は何色っぽいか聞いてみた。

すると、なんの迷いもなしにすぐに「黄色」って返ってきた。

その余りの返事の早さに理由を聞くのも忘れるほど。

今になって、なんで黄色なのかなって聞いてみたい気もするけど、

それよりも即答で答えてくれたこと。

前にメールでりゅーさんは紫っぽいって送った時に

少しでも私は何色かなって考えてくれたのかもしれない。

りゅーさんの中に私は黄色ってイメージがあることが嬉しかったんだ。

これからもそういう私でいられたらいいな。



あ、変装が解けてきた。

どんどん顔がふにゃふにゃの笑顔になっていく。

りゅーさんの笑顔、最高に可愛い。


ふたりでベッドに並んで座っていたはずなのに

ゴロンって急に横になって

気づけばりゅーさんの顔が、私の顔の真下にある。

初めての膝枕。

もう、可愛すぎて食べちゃいたい。

りゅーさんの髪を撫でながら


♦️「連絡も頻繁に取らないし、内容も普通でしょ?だからね、本当に同級生と連絡を取ってるだけなのかなって思うこともあったんだよ。次会った時に好きって思えるのかなって。」


♠️「会ってみてただの同級生だった?」


♦️「ううん、やっぱり好きだった」


♠️「嬉しい」


ぎゅーって抱きついてきた。

もう、このひとは何度可愛いって思わせれば気が済むんだろう。

可愛くて可愛くて仕方ない。


会話が止まった時に

ムクッと起き上がったりゅーさん。


♠️「そうだ、マッサージしてあげる。毎日大変で疲れてるでしょ?横になって」


今の私にまさかそんな言葉をかけてくれるなんて。

さらりと気遣ってくれる優しいりゅーさん。

誰かにマッサージしてもらうのなんてどれくらい振りだろう。


肩や背中をマッサージしてくれる大きな手。


♦️「めちゃくちゃ気持ちいい。上手だね」


♠️「昔おじいちゃんによくマッサージしてあげててね、りゅーは上手やなぁって言われてたんだ」


私の知らないりゅーさんの

そういう思い出話を聞くのも嬉しい。


ただ、残念なことに私の身体は全くこっていなく、

さらに私はかなりのくすぐったがり。

気持ちいいんだけどくすぐったくて

すぐにおしまいになっちゃった。


今度は反対に私がりゅーさんをマッサージ。

最近また忙しくなったりゅーさん。

時々「いてて」って言いながら

私の大してうまくもないマッサージを受けてくれる。


終わると

♠️「次は何してほしい?」


♦️「いっぱいぎゅーってしてほしい」


「ぎゅー」って言いながらいっぱい抱きしめてくれる。


♠️「いいこいいこ」


頭まで撫でてもらっちゃった。

甘えてくれて、甘えさせてくれるひと。

1.5時間はあっという間に過ぎていく。




お部屋を後にするとき、

最後は軽く触れるか触れないかのフレンチキス。


駅までの道のり

りゅーさんの顔はオンになりかけてた。

さぁ、私もそうしなくっちゃね。



次会えるのはきっと寒くなってから。


でも、この1.5/2400がまた私を強くしてくれる。


「ありがとう、またね。」