三日月、笑って

婚外恋愛、今、思うこと。

隠しておいたあの言葉。

前にりゅーさんに言葉が欲しいとお願いして、バッサリ斬られてから、なんとなく私も

好き

という言葉を送らなくなった。

その言葉がなくてもちゃんとつながっていられる、そう思っていたから。


それからの二人のメールには甘さの欠片もない、最早生存確認の為のツール。


でも、どうやら私がその言葉を封印すると、言葉遣いが深刻になるみたい。

前回のブログ、過去のこともそうだし、

至って普通の内容を送りたいはずなのに、どうしても辛気臭くなってしまう。

そしてまたりゅーさんに指摘されるという、負のスパイラル。


りゅーさんはどんなk-co像を抱いているんだろう。

どういうk-coでいて欲しいんだろう。


それを考えると、どんなスタンスでりゅーさんに接したらいいのか分からなくなってしまった。


私がまたその言葉を使い始めると、りゅーさんにも求めてしまうのは分かっているから。

でも使わないと深刻になってしまう。


明るく笑顔でいたいのに、

りゅーさんにどう思われるかばかりを考えすぎてしまう。

本末転倒っていうのは正にこのこと。


考えに考えた結果、

ありのままに、素直に。

そこに行き着いた。

りゅーさんにもそれを報告。

でも、でも、いつもならスッキリするはずなのに、なんでこんな気持ちなんだろう。



前回の逢瀬から3週間経つ。

会いたいけど、会いたくてどうしようもなく震えることもない。

声が聞きたいとも思うけど、聞かなくてもやっていける。


私は今、本当にりゅーさんが好きなのかな。

ふと、そんなことを考える。

会う目処も立たないこの状況で、普通のメールしかしてないと、本当にただの同級生と連絡を取っている位にしか思えない。

だから会いたいとも、声が聞きたいとも思わないんじゃないか。


そんなことを考えながら走る。

あんなに楽しかった音楽も、ただ頭の後ろで流れているだけ。



帰ってきてからもう一度考えてみた。

TVでは90年代の神曲ヒットが流れている。



そうか、私は淋しかったんだ。

そう思った途端に涙が止まらなくなった。


本当はりゅーさんと話したいことがいっぱいある。

一人であの公園を散歩した時のこと。

私たちの母校巡りをこの前してきたこと。

りゅーさんと行きたいところ。

りゅーさんと食べたいもの。

少し先の未来のこと。

話したいことばかりが募りすぎて、でも今の現状ではそれを伝えられないこと。


この前の逢瀬の時も、無理矢理時間を作ってくれたから、りゅーさんの笑顔がいつもよりも疲れていたこと。

次の日もあるから少し早めに帰るねって前置きされて、私もそれを了承したはずなのに。


淋しい感情に鍵をかけてしまったから、きっと無機質になってしまったんだ。


本当は今すぐ会いたい。

声を聞かせて。

抱きしめて。


私の中の淋しい感情を認めてあげたら、やっと楽になれた。


ごめんね、これからはあなたのことも大切にするよ。


まだ、りゅーさんには内緒だけどね。

決別へ。

このところ、本当にお休みなく働いているりゅーさん。 

朝の日課のメールはいつもおはようと、いってらっしゃい、いってきまーす♫を送る。


でも、りゅーさんに休んで欲しい、特に前日が疲れていた時は願いも込めていってらっしゃいの一言は書かずにいってきまーす、だけにして。


なのに、私の願いも虚しくお仕事の日々。


りゅーさんは

♠︰願いをこめなくても仕事だよー(笑)

なんて言うのだけど、そろそろ本当に心配。


ある日の朝、

♢︰昨日の寝る前ね、いいこと思いついたよ。次会う時は私の隣でずーっと寝てていいからね💃私はそれを眺めてるー✨

それなら会う必要ないとか言わないでね。

だって会いたいんだもーん。

それとね、いつ会えるか分からないけど、私は未来の話もしたいな。

それだけでもちょっと楽しくなれるから😸

きーつけていってらっしゃい、いってきまーす♫


♠︰おはよー、いってくるね。隣で寝るの?いやー、緊張して、寝れないと思うや。

今日も明日も見えないのに、未来の話はハードル高いなぁ💦


♢︰そっかー、りゅーさんは妄想しない族だもんね。私は妄想族だから、二人で見たいもの、したいこと、食べたいもの、話したいこと、山盛りてんこ盛りあるよ✨

それを思うだけで、日常が少し鮮やかになるんだ。きっと私は能天気なんだなー。

私が話すこと、それを聞くこともりゅーさんがハードル高いと思うならやめる。

思うだけにするね。


♠︰いや、そんな重く受け止めなくても。。

話したいことは話してくれて、かまわないよ。能天気のような、深読みというか。気にしすぎのような気がするなぁ。



私の悪い癖。

今までに何度かりゅーさんに考えすぎ、と言われることがあった。

きっとそれは私の過去に関係している。



中学生の時の私はネガティブと被害妄想の塊だった。

近くで誰かが笑っていると、きっと私のことを笑っているに違いないと思い込んで、自分から距離を置く。

私は当時いじめられていると思っていたけれど、もしかしたらそれも被害妄想、思い込みなのかもしれない。

そういう過去を抱えている私は、いつしか自分の記憶からもその思い出ごと抹消し、中学校時代の記憶はほとんどない。

私にとってその頃とは、りゅーさんへの淡い恋心が詰まっている大切な思い出であると共に、思い出したくもない苦い過去でもある。


その時の名残なのか、今でも周りを異常に気にしすぎてしまって、相手の言葉を深読みし、自分から予防線を張ってしまう。

何か自分の中で引っかかると、最悪の結末を想像して、本当にそうなった時に少しでも自分が受けるダメージが小さくなるように。


私が今まで必要以上に言葉を求めていたのは、そんな過去を持つ自分に何故りゅーさんが好意を持ってくれていたか分からないから。

自分に自信がないから、それを言葉で埋めてもらおうとしていたんだなぁってやっと気付いた。 


もしかしたら、過去と向き合うきっかけを、りゅーさんとの再会で与えられたのかもしれない。

きっとこれが最後のチャンスだと。



今まで怖くて聞けなかったことを思い切って聞いてみた。


♢︰私のどこが好き?



♠︰笑顔。今日も元気にスマイルね!



りゅーさんから送られてくるメールに、度々出てくる【笑顔】の意味はそういうことだったんだ。



もう、

迷わないよ。

鉄壁 時々 微糖

あれは確か年始のこと。


私が実家で昔の写真を漁り、懐かしさに浸って、当時の担任の先生の写真をりゅーさんにも送った。

♢︰みてみてー!うちらの担任の先生!懐かしいね(*´∀`)でも家にはりゅーさんの写真なかった😢

♠︰懐かしいね!写真ないの?じゃぁ今度パチリしよーね。



それからというもの、会う時に絶対二人の写真を撮りたいと思っていた私。

この間のお部屋デートでようやくその願いが叶う。


そう思っていたのに。


りゅーさんに写真を撮りたいとお願いすると即答でダメって返ってきた。

お得意の危機管理と、その時は気分が盛り上がって言ってしまったやつね。


じゃぁ二人で手をつないでる写真は?

って聞いたらそれもダメって。


でも、りゅーさんの手の写真だけならいいよって。

りゅーさんの判断基準がイマイチ分かりかねる。笑


右手も左手もパシャパシャ撮りまくって

上手に撮れたと喜んでいる私を微笑みながら

♠「早く秘密のフォルダに移しな」

って諭すりゅーさん。

新しい手の写真がいっぱい増えた。


この関係を続けていくってこういうことなのかな。

きっと続けていく為にはりゅーさん位がちょうどいいのかもしれない。 

でもこのままではりゅーさんの写真を手に入れる日は来ない。

こうなったらクラウド管理とやらを調べてみよう!

小難しいことはさっぱりなので、優しく教えてくれる方、大募集します♡笑





そして、GW前から休みなく今も働いているりゅーさん。

新規事業も相変わらず大変で、最近はお疲れの様子。

本当は私も色々伝えたいことがあるけれど、今は少しお休みしてる。


♢︰ついこの間までは寒いねーって送り合ってたのに、今は暑いね、になったね。四季の移ろいを一緒に感じられるのっていいなぁって思ったよ。

♠︰蒸し暑いね、これからはどんどん暑くなっていくね。季節が、変わっていく。時代は流れていく、かな。

♢︰季節が変わっても、時代が流れても、変わらない気持ちもあるよ。

♠︰その中で変わらない気持ちを持ち続けたいものだよね。

♢︰色んな狭間で戦ってるりゅーさん、私はずっと応援してるよ。変わらない気持ちでね。

♠︰ありがとう、頑張ってくるね!いつも、ありがとう。


これが今出来る精一杯の愛のやりとり。


りゅーさんが日々の疲れを一瞬でも忘れられるように、プレゼントを送った。




届きますように。