三日月、笑って

婚外恋愛、今、思うこと。

声と感情

りゅーさんからのいつもの定時連絡は

朝のおはよう

夜のお仕事終わり

これが基本だけど、私が送るのは休憩中や、仕事終りになんとなくだったり、りゅーさんがそろそろお仕事終わる頃を見計らって送ってみたり。


その日は珍しく夕方にりゅーさんのお仕事終わったよ、が送られてきた。

いつもより、疲れの具合もマシなのか、ラリーがぽんぽん続く。

すると、

♠︰さっきただいましたよ。今は家でひとりゆっくりちう。


なんですと?家に一人?

これはもしかしたらチャンスなのかもしれない。

声が聞きたいな。と送ると、今ならいいよ。と返事がきた。


約1ヶ月振りのりゅーさんの声。

もちろん、ドキドキもあるんだけど、久しぶりとは思えない安心感。

お付き合い当初はもう少し甘くて、よそ行きの声。

でも今はきっと地声に近いんだろうな。

たったそれだけのことが嬉しい。


りゅーさんの一人称は【自分】。

【俺】とは言いたくないみたい。

それでもたまーに、ついうっかりなんだろうけど会話の中で【俺】が出てくると、少し素の部分に触れられたみたいでまた嬉しくなる。


いつもみたいに【少しだけ】の制約が緩い分、色んなことを話せた。

その中でも

♠「自分も言わないで我慢してることがあるんだよ。言ったらk-co傷つくから」


ぁあ、きっとまた落ちてめんどくさいとかそういう類のものだよね。。

でも、そこまで言われたら何を我慢しているのか聞きたくてたまらなくなる。


♠「会いたい、とかさ。会えないのに会いたいっていったところで淋しくさせるだけでしょ。k-coがめんどくさいことはもう知ってるよ。笑」

♠「男は基本的に自分のことしか考えてないから、もちろん会いたいし、したいと思ってるよ。でも、するだけならその辺の見ず知らずな人でいい訳だし。このつながりがそれだけになったら悲しいじゃない?」


今日のりゅーさんは饒舌だなぁ。

メールではどうしても感情が分かりにくくて淡々としてるなぁって捉えてしまう。

でも、りゅーさんの声でそれを伝えてもらうとこんなにも温かくて、優しくて、りゅーさんの気持ちが心の真ん中にすーって染み込んでくる。


そして話題はGWへ。

♠「GWはまた一人なんだよね。(奥さんが)実家に帰っていないから。でも、仕事忙しいだろうから会うのは厳しいかな。また夜中になっちゃうし。」

♦「えー、じゃぁなんで一人だなんて言うんだよー。会いたくなっちゃうじゃん」

♠「一応、報告はしないとね。k-coは旅行とか行かないの?」

♦「行かないよ。私は休みだけど…」

♠「ぁあ、休みじゃないんだね」


私はどうしてもりゅーさんの前で旦那さんという単語を出したくなかった。

りゅーさんの口からも奥さんという単語は聞きたくない。


♦「やだ、やめよう、この話。りゅーさんは意識的か無意識か分からないけど、奥さんの話をしないでしょ?私もなるべくしたくなくて。多分私は一度聞いてしまうとトコトン知りたいと思ってしまうから」

♠「知らなくていいことは知らないままがいいよね」

♦「意見一致だね。知らなくていいことは知らない方が幸せ」


本当は聞きたいことが山程あるよ。

でもそれをしても無意味だ。

それよりも二人でつながっていられるこの時を大切にしたい。

勝手なことだっていうのは分かってる。

それでも、お互いのバックグラウンドを無視した、ただの二人でいたいの。


今までは私の想像だったけど、ちゃんとりゅーさんと気持ちの擦り合わせが出来た気がする。

そんなことを思った今回の電話。



今のうちに謝っておきます。

GWに会いたいってきっと言ってしまうけど、許してね。

言葉以上の気持ち

あれから、


りゅーさんに打ちのめされてから、また普通の日々が戻ってきた。

でも、その中でも時々自分の気持ちを織り交ぜて。

♦︰りゅーさんはさ、きっと自分にも他の誰にでも厳しいんだろうね。

でもそれは多分本当の優しさで。

今は私はまだ厳しいなぁって思ってしまうけど、いつか、それが優しさだって分かる日がくればいいなって、

その時に二人で笑っていられたらいいなって思うよ。

♠︰おはよー。今日も暖かいね。いってくるね!いってらっしゃい!


うむ。会話が成立していない。


♦︰なんで送った内容について既読スルーなんだよー!なんだか仙人と修行してる気分だよ。。きーつけていってらっしゃいー!

♠︰しっかり読んでるよ。


うーん。

ちょっと分かってきた気がする。

肯定も否定もしないけれど、受け止めたよってことなのかな。


そこでようやく私も気持ちが落ち着いた。

しっかり読んでくれてるなら、まぁいいか。


それからというもの、私たちのメールに甘い言葉が飛び交うことはなく、

朝のおはよう、や

ジョギングをしているとお好み焼き屋さんのソースの匂いにやられる、とか

UCCのミルクコーヒーを見かけて懐かしくなって飲んだけど、全然コーヒーの味がしない、とか

恋人でも友だちでもないようなことを日々投げかける私。

その中で一つだけどうしても言っておきたいことがあった。


♦︰今はね、また平常心取り戻したけど、次会うまでに絶対に落ちないって言い切ること出来ないんだな。そしたらまた引き上げてね。優しくなくてもいいからさ。

♠︰うん。大丈夫。いつでもね。



【好き】も【会いたい】もない、たった一言の返事だけど、それ以上の気持ちをもらった気がした。

もう無理矢理気持ちを引き出すのはやめにしよう。

きっと、りゅーさんの気持ちはいつもここにある。

今のこの気持ちを積み重ねていけば、二人で笑い合える日もそのうち来る。

だから、好きなだけ、やりたいだけ仕事に専念すればいいよ。

20年待ってたんだもん。

あと数ヶ月延びたところでどうってことないさ。


私の片思い歴、なめんなよ。笑

優しさについて

ここのところ、皆さんのブログを読みにも行けなくてごめんなさい。


過去最大級のもやもやと、新年度の仕事に追われ、ぐるぐるとヘトヘトに。

ふと、一人の時間がやってくると言いようもない虚無感に襲われる。


いつもいつも、気持ちを伝え続けるのは私ばかりで、りゅーさんはそれをひらりとかわすか、時々きまぐれのように返してくれる。

私はどうしたらその気まぐれが毎回になってくれるのか、あれやこれやと送ってみるものの、その言葉を引き出すことに躍起になって、我に返って何やってるんだろうなぁってまた落ち込む。


一体、いつになったら会えるんだろう、

何回同じことでぐるぐるすれば気が済むんだろう。


おそらくりゅーさんが仕事が休みであろう日に、私も家を出られそうだったので


♦︰明日、仕事が終わるの待ってちゃダメかな。


と送ってみた。

ほんの一瞬だけでも顔が見られたらそれだけでいい。

それだけで安心出来るから。


♠︰明日は仕事はお休みだけど、夜は予定が入ってるんだ。ごめんね。


張りつめていた糸が、切れる音がした。


もう、疲れた。

それからというもの、りゅーさんから朝夕とメールは来るものの、私は一言返すのが精一杯。

これで終わりになるなら、それでも仕方ない。

最後に私の思いを全部ぶちまけよう。


♦︰ここ数日の思っていることを伝えてもいいかな。

この関係ってお互いが少し無理をしなければ会えないし、続けていくのも難しいんじゃないかと思うこともあって。

多分私は前回会えたあの日から、会いたくて会いたくてパンク寸前なんだと思う。

限界なんてとっくに越えてた。

お仕事忙しいのも分かってるし、今はまだ会えないっていうりゅーさんの気持ちも分からなくはない。分かろうとしなくちゃいけないのかもしれないね。

でも、それなら尚更私は言葉が欲しいと思ってしまうよ。

言わなくても分かるでしょ?

なんて分からない。

会えない分以上に伝えてくれないと、不安で淋しくて、すぐに闇にのまれてしまう。

めんどくさくてごめんね。

でもこれが私の本当の気持ち。


♠︰自分は思うことは言うし、言うべきでないときは言わない。それは、誰に対してもだよ。

k-coがそこまで、弱い人とも思ってない。自分は嘘や、感情がこもってない言葉を、かけることも嫌でね。その場を取り繕ってるだけだし、逆に寂しくさせてしまうことも、あると分かってるから。

今自分が、無理して会っても時間や何かに追われて、ただ会って、やっておわり。

そんなの、優しさでも何でもなくただの欲求処理。

自分の仕事のスケジュールも不確定で、今度行こうとか、この日に会えるかと言ってもらってもいつ実現出来るか見えないから、控えているのは察してほしい。可能な時は言うから。

自分はあのときから何も変わってない、それだけは分かってほしい。


厳しいなぁ。

多分私が欲しい言葉も分かっていながら、甘い言葉をかけることは簡単だけど、敢えてそれをしないってことなのか。


♦︰甘いだけの関係を求めてる訳じゃないって分かった。私に対して一人の人間として向き合ってくれてるんだってことも。誠実だなぁって思うよ。

私は始まりの頃の、いつも気持ちを伝えてくれていたりゅーさんを知っているから、毎晩のように好きだよって言ってくれたことを覚えているから、今とのこのギャップに、なかなか心が追いつかないのかもしれない。

これから先、会う時はいつもりゅーさんから誘われるのを私はただ待つしかないのかな。

いつもいつも、ただ待つだけになるのは嫌だなぁ。会える、会えないは別にして、私からも伝えたいし、誘いたいよ。

ただ、次会う時までは私からはもう言わない。

ちゃんと向き合ってくれてありがとう。

これから少しずつ二人の距離感が心地いいものになればいいけど、今はまだちょっと心が痛いです。



誰かと比べても、その誰かになれる訳じゃない。

私たち二人は、私たち二人だけの関係を、距離感を、二人で築き上げていくしかないんだなぁ。


出来るさ、やってみせる!

なんて今は自信満々には言えないけどね。