三日月、笑って

婚外恋愛、今、思うこと。

考えたくなる、なんでもないやりとり

りゅーさんにお返事をもらってからというものの、次はいつ連絡出来るかな、なんてことを考えていた。

しばらく大きなイベントもないし、とするならばクリスマスか、なんて途方もないことまで考え出す始末。

真夏のこの時期にメリークリスマスって下書きを書くだなんて。

おめでたいにも程がある。


そんなことを日々葛藤する中で、あるブロガーさんの言葉が心にずっと響いていた。


私は自分に向き合うのならば、りゅーさんとの連絡は絶ち切るべきだと思っていたし、

その答えを周りに求めては、そこで自分も納得させようとしていた。


でも、実際はどうだろう。

向き合うといいながらもりゅーさんのことを考えない日は一日もなかった。


それどころか、連絡してはならないと思えば思うほど

溢れる思いに意味も分からず涙したり、

連絡したい思いに駆られてしまう。



そんな時、りゅーさんの働いている場所が大雨に見舞われた。

大丈夫だと思うけど、どうしても気になる。

返ってこなければ、それはそれでいいや。

思い切って連絡してみよう。


♢︰そちらも雨すごそうだね。ちょっと心配。気をつけて帰ってね。


すると、数時間後に

♠︰心配してくれてありがとう。大丈夫だよ。

と返事をくれた。


ほんのひとこと、それだけでこんなに嬉しいなんて。


前回と今回、送って思ったのは、おそらく嫌われてはいないだろう、ということ。

これからも、何かしら送れば返事はくれるだろう。



りゅーさんは仕事に集中したいと言った。

それは連絡を絶つという風に私は捉えたのだけど、違うのかな。

仕事に集中したいだけではなくて、今の私とどんな風に接したらいいのか分からないんだろうな、というのは私にも分かる。

だから連絡を取らずにいようとした。

でも、なんでもないやりとりだとしても、

返事をもらってしまうと、その意味をまた考えたくなる。


連絡するということを義務にしなければ、連絡を取ることそのものはいいのかなぁ?とも思えて。



これからも送っていいの?


聞きたいのに聞けない。



それでも、前よりはずっといい。