三日月、笑って

婚外恋愛、今、思うこと。

ラブレターの行方

ちょっと長くなるから、暇な時にでも読んでね。


って前置きして送ったメール。




再会の再会以降、毎日の連絡にさほど重きを置かなくなった私。


自分では何も手離せないくせに

りゅーさんにだけ連絡や言葉を求めるのはズルい。

なんだか自然とそう思えた。


りゅーさんは会った時が全てのひと。

よそ行きのメールはまたいつか自分の首を絞める。


それでも言わないで溜め込むと

それはそれでまた厄介。


そうか、今までの私は極端過ぎるんだ。

全部かゼロか。


なんで今までそんな簡単なことに気付かなかったんだろうな。



♦️:りゅーさんがこの一年、私に一切気持ちを見せずに接してくれていたこと、感謝しかないです。

本当にありがとう。

私、りゅーさんに出逢えたことが人生で最高のプレゼントだと思ってる。

好きになれて、思ってもらえて幸せ。

これからはりゅーさんが思ってくれているように、私も思えたらいいな。

言葉も、約束も、前みたいに欲しがったりしないよ。

でも、時々溢れてしまう思いはどうかそっと受け止めてね。

とびっきりの明るいラブレター、

大好きで大切なりゅーさんが今日も笑顔でいられますように!




りゅーさんからの返信はと言うと。


♠️:長い!笑

ゆっくり、柳のように、緩やかに。

お子さんを大事に、笑顔にしてね!



全くブレませんね。

天晴れです。


でもね、

ゆっくり、柳のように、緩やかに。


焦らずゆっくりのんびりいこうってことなんだと勝手に解釈。


また自然とそういうタイミングはやってくると思うから。

抗わず、今はこの流れに身を任せる時なんだって。


そして私はこう返す。


♦️:はい、母頑張ります!





変なふたり。


でも


心地よいふたり。

秘密の小部屋。

おいで、

とベッドに横になったりゅーさんが手招きする。

久し振りの腕枕。

つるつるすべすべなりゅーさんの肌。

気持ちいいなぁ。

そう思いながら横顔を眺める。


スッと高い鼻も

口角の上がった口元も

ちょっと眠そうな目も


全部、全部。



♠️「見つめすぎじゃない?」

♦️「まだまだ足りない。一年分」

♠️「いいよ」


笑いながら天井を見上げるりゅーさん。

心置きなく横顔を眺める私。

ずっとこのままでいられたらいいのに。


りゅーさんが私の方を向く。

目が合ってしまった。

フレンチキス。


りゅーさんの手は、肌は

私を優しく、大切に扱ってくれる。

私のコンプレックスにも、優しくキスをして微笑んでくれる。


私がりゅーさんを愛しく思うように

りゅーさんも私を愛しいと思ってくれている。

伝わってきたよ。

りゅーさんの気持ち。


私の息があがると、腕枕で休憩。

ふいにりゅーさんが立ち上がりどこかへ行く。

戻ってきてキスをされると

口移しでビールが流れ込んできた。

甘い、甘いビール。



身体を重ねること。

私の中では

強くて痛くて怖い。

そんな思いをずっと抱えてた。


でもりゅーさんは

苦痛だったはずのその行為を

幸せな、愛しい時間に変えてくれた。

ありがとう。



次の約束はしなかった。


♠️「またタイミングが合った時、愛し合おうな」


私はそれを受け入れる。

今まで言葉を、約束を求め続けてきたはずなのに。



りゅーさんが私に投げかけてきた

きっと最初で最後の叶わない問いかけ。


♠️「俺の子ども、生んでくれる?」


とびっきりのプロポーズ。

今この瞬間だけの夢物語。


嬉しいはずなのに。

ぁあ、そういうことか。

何もかもを手離すことなんて出来ない。



それならば。


りゅーさんが隠し続けてくれた思いを、優しさを。


私もそんな風にりゅーさんを思えるかな。

ユメかキセキか

なんとなく、りゅーさんの気持ちが分かったような分からないような。

核心に触れないやりとりが続く日々。


数日後、私は友達とランチの予定。

しかも一人で行動出来る貴重な日。


ランチの後は一人で買い物へ行こうか、

散歩にしようか、

カフェもいいかも。


なんて浮かれたメールを送信。



♠️:楽しそうだね。その日は休みじゃないけど、その前日は休み。残念だね。

♦️:前日なら休みなのか。残念だなー。前日ふらりふらりしてたら偶然に会えるかな、なんてね。

♠️:偶然でも必然でも、その日平気ならふらりしてみる?



ん?

なんだこれ?

会えるってことなのか??


奇跡的に、数時間なら家を出られる。

偶然、必然。

なんでもいい。

会えなくても、気持ちだけは連れて歩きたい。



【その日】当日。

連絡せずに出かける。


何度かりゅーさんと待ち合わせしたあの街へ。


着いてから


♦️:ふらり、ふらり。

♠️:もうふらりしてるの?時間はどのくらいあるの?

♦️:○時には帰らないと。

♠️:○○にある、いつものところに行こうか。

♦️:会いたい

♠️:うん。



いやいや。

なんだかうまく行きすぎな気がしてならない。

これは夢なのか。

それとも何かの罠なのか。


震える手でスマホを握りしめて待ち合わせ場所へ。



♠️:着いたよ



しばらくすると、そこにりゅーさんの姿が見えた。

一年振りに見る顔。

本当に私の目の前にいる。


ちょっとした警戒心からマスクをしていた私。



♠️「風邪ひいてるの?」

♦️「ううん」

♠️「何?変装?そんなに人気者なの?笑」



一年振りの第一声がそれ?

顔もなんだか怒ってるみたい。


一年と少し前に思ったことがフラッシュバックする。


何度か歩いたその道をまっすぐ前だけを見て歩く。

話したいことは山程あるのに言葉が出てこない。


なんでこんなに居心地悪いの?

もう気持ちはすれ違ってるのかな。


それでも話を振ってみる。


この前通りかかった、知らない小学校の運動会。

午後の部が始まる前のブラスバンドによる校歌の演奏。


私たちが小学生の時。

りゅーさんは大太鼓をやっていて。

私は憧れの小太鼓。


♠️「えー、そうだったかな?覚えてないなぁ」


私の記憶違いじゃないはずなんだけどなぁ。


かみ合わない会話を続けながら

着いた先は何度か来たお部屋。


部屋に入ると


♠️「シャワー浴びる?」


ちょっと待って。

こんなのやだ。

まだ何も話してないよ。


何も答えられない私を見ながら


♠️「なんて顔してるの」


とちょっと困ったような笑顔でベッドに座るりゅーさん。


私はとてもじゃないけど隣になんて座れる心境ではなくて、

ベッドの横にある椅子の上で体育座りをする。




♦️「もう寺くんの気持ちはないのかと思ってた。メールも素っ気ないし」

♠️「仕方ないでしょ。俺がどうこう言ったところで会えないし、事実も変わらないんだから」

♦️「気持ちなんて1ミクロンも見せてくれなかった」

♠️「例えば俺の気持ちが盛り上がりすぎてk-coの家に押しかけてもいいの?そんなことになったら悲惨な結末しかないよ?」

♠️「あ、ひとつ明るい結末あるな。海外逃亡とか」

♦️「あったかい南の島がいいなぁ」

♠️「でもk-co、子どもと離れられないでしょ?」


正論、全くもって正論。


そうだ。

りゅーさんはそういうひとだった。

出来ないことは口に出さない。


感情の起伏が激しい私と

常に一定なりゅーさん。

二人を足して2で割ったら丁度いいのにね、

そう言う私に


♠️「k-coも一定ならずっと交わっていられるよ」


もう何も反論出来ません。


りゅーさんがどんな気持ちでこの一年を過ごしてきたか。

多くは語らないけど、

その声から伝わってきた。

私が思うよりも遥かに深いところで

私を思ってくれていた。


敵わないなぁ。



♦️「今なら気持ち伝えていいの?」

♠️「いいよ」

♦️「すき」

♠️「すき、だけ?だいすきじゃないの?」

♦️「うん、だいすき」

♠️「ありがとう。嬉しい」


りゅーさんの顔がいつの間にか私の好きな笑顔になってる。


そうか、街中でのあの怖い顔は

きっとりゅーさんの変装なんだ。


今、目の前にある

このふにゃっとした笑顔。

私だけに向けられる優しい眼差し。



やっとここに戻ってきた。



ただいま。