三日月、笑って

婚外恋愛、今、思うこと。

いつまでもグレー

春。

私の誕生日の後にはりゅーさんのお誕生日がやってくる。


ここ最近のメールは簡潔に、を心がけていたので

お誕生日メールもあんまり長くならないように送った。


◇:お誕生日おめでとう🎂✨

今日という特別な日に心からおめでとう🍀

笑顔溢れる一年になりますように。


♠️:ありがとう、もうひとつ大人の階段登れるようがんばりますね。今日は風が強いね。



去年は直筆メッセージを写真で撮って日付が変わった瞬間に送ったなぁ、なんて思い出した。

あの時は今こうなっていることなんて

予想もしていなかった。

きっと来年も予想もしていないことが起こるかもしれない。

願わくばそれがいい方だったらいいな。

そうでありますように。


そんなプラスの気持ちだったはずなのに、

夜中になったらなんだか伝えたい衝動に駆られてきた。

まだその時じゃない。

そう自分を落ち着かせようとしたけど

一向に鎮まる気配がない。


こうなったらとりあえず伝えたいことを全部メールにしてみよう。

送らなければいいだけの話。


◇:ふとした時にいつも思ってしまうよ。

元気かな、頑張ってるんだろうな、ちゃんと休んでいるかなって。

三日月見ると思いが溢れそうになる。

もうひとつ、大人の階段登ったら、その時は一目姿を見せてくださいな。

そして名前を呼んで。


送らないラブレターに思いを込める。

ちょっとスッキリした。



と思ったら、事もあろうに送信してしまった。

盛大にやっちまった。

どうしよう、

どうしよう。

送ったメールを削除出来ないものかと検索しまくったけどあるはずもなく。


◇:うそ、ごめん。削除して!

本当にごめんなさい。


慌てて送信する。


伝えてはならない思い。

お願い、読まないで。

読まないで捨てて。

どんな答えが返ってくるのか怖い。

それとも返事なんて返って来ないのかもしれない。

返事が来なければそれが答えってこと。


ほとんど眠れず朝を迎える。

読まないで、という気持ちと相反して

自分の本当の気持ちを送ってしまったことで

少しスッキリしてしまったのも確か。

きっと返事は来ない。

今までもそうだったから。



それなのに、朝、返事がきた。


怖い、読みたくない。

とうとう決定的なことを言われる。

困る、もう連絡するのやめよう。

そんな言葉を思い浮かべて胃が痛い。


よし、心は決まった。

受け止める準備も出来た。

恐る恐るメールをひらく。


♠️:おはよう。心配してくれて、ありがとう。体調は問題ないよ。

子育て大変な時期だから、自分を追い込まないように、ゆっくり休みながら過ごしてね。



完全に不完全燃焼。

体調のお伺いじゃないのに。

でもそれも分かってるはず。

私がちょっと精神的にしんどいと思っているのかな。

あまりにいつもと同じ過ぎて、

もうりゅーさんは私と向き合う気はないのかな、とも思う。

肝心なところには決して触れてくれない。

見て見ぬふり?

それとも、前に言われた

【しっかり読んでるよ】?

優しいのか冷たいのか分からない。


ただ、ひとついえるのは

もうメール出来ないや。